神経因性膀胱とは

頻尿となる原因の一つに、神経因性膀胱というものがあります。
一般的には脳から尿を出すように、
泌尿器系神経を通って命令が出されるのですが、
この脳から命令を伝える神経に何らかの問題が生じ、
頻尿となってしまうのです。

そもそも神経経路に何らかの問題が生じ頻尿となるのですが、
原因と考えられる病気がいくつかあります。

脳血管障害やパーキンソン病、脊髄損傷です。
脳血管障害は、脳梗塞や脳出血などです。
その他糖尿病や子宮などの病気が考えられます。

神経因性膀胱になったとき、
症状としては頻尿だけではなく、切迫性尿失禁も併発したり、
また尿閉に陥ることもあります。

頻尿といっても、原因は様々です。
そのため自分で自己判断せずに、
気になったらすぐに病院へ行きましょう。
泌尿器科を受診します。

そもそもトイレの回数が多いと気になった時点で、
それはもう頻尿の症状が現れている…、ということになります。
早い目に治療を初めて行きましょう。

ノコギリヤシ サプリ 効果